夏至にブーゲンビリアのパッションを!

きのうのモーニング、出先のエクセルでハイビスカス&ローズヒップのアイスティを頼んだら、思ったよりもずっと本格的でご満悦。プラス100円くらいでサラダとちっちゃいパン、というところがよかね。酸っぱい貴女はハイビスカスで、ローズヒップの方ではないって知ってる?
・・・つい悠長に眺めたり写真撮ったりしているうちに、乗るはずのバスがとっくに止まっているのをガラス越しに見て、ありえない速さで食すことに。ドリンクは手持ちで走る、走る。

d0366669_21113504.jpg

夏至ですね。
だからといってどうって訳でないけれど、あらー今日は何かとずいぶん強気な日だったんじゃない?と、一人になった帰り道、自分に語り掛けつつ。スコンとやや本音でいろんな人と話してしまったけど、そもそも毒舌ですからね。うわずみの方だけでやり合うのは、本当は性に合わないんですよ。

駅ナカ花屋でブーゲンビリアの鉢植えをよしっ、と買いました。
あのパッションピンクに、今日のわたしのパッションがビシッとシンパシー響いたのさ!

おねいさんがていねいに持ちやすく包んでくれた巨大な紙袋を引きずってラッシュの普通車に乗るわけにもいかず、ホームを四苦八苦して運びつつ、優雅に有料車両でひまわりも抱えて帰ったきたのでした。という2017夏至。さて、ひまわり活けるかー、ブーゲンビリア袋から出すか~(ただいま玄関においでです)

[PR]
トラックバックURL : https://yaseitaime.exblog.jp/tb/24563151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by yaseitime | 2017-06-21 21:50 | 自然with雑感 | Trackback

↑の看板には、下ノ畑ニ居リマス 賢治と書いてあります。イーハトーヴの風が好きです。こころに花を緑を。そしていのちのエッセンスとユーモアを◠‿◠


by Sachiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31