虫音の夜と鳥歌の朝 in ヨコハマ

 チュニアやサルビアって、夏全盛の花のみなさん代表選手団でもありますね。少し前に出先でカシャッ。

ペチュニアは、ひらひら薄いラッパを熱い空に向かって広げているし。

d0366669_20540715.jpg


さあ、ただいま夜のはじまりです。

虫の声が聞こえるのだけど、虫と鳥の声が聞こえてこないところには住めないだろう、とそれだけははっきり思うな。アラームの音で飛び起きなくてもいい朝は、ベッドの中でこの住宅地に来る鳥の歌声に耳をすませて過ごします。

虫や鳥の声、雨音、水の流れる音や波音。

自然界から生まれてくる音は、時にややこしい(笑)日常生活の中でとんがった自律神経をやさしく調整してくれるんですよ。都心ではないけれどそこそこ都市生活のため、天然だけでは間に合わないので、CDやユーチューブでその辺り満たしています。

あの水を張った田んぼから聞こえてくる、カエルのガルガル声もワタシ的に本当はとても安らぐのだけど、聞こえてこないなあ。だって田んぼは近くにないものねー残念。


[PR]
トラックバックURL : https://yaseitaime.exblog.jp/tb/25169799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by yaseitime | 2017-08-03 19:38 | 自然with雑感 | Trackback

↑の看板には、下ノ畑ニ居リマス 賢治と書いてあります。イーハトーヴの風が好きです。こころに花を緑を。そしていのちのエッセンスとユーモアを◠‿◠


by Sachiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31